馬が合わないあの上司とうまく付き合うコツ

馬が合わないあの上司とうまく付き合うコツ


特定の部署などグループで仕事をする場合、そのグループの中の責任者である上司が付くことが多いです。上司に良い人が当たれば良いですが、拍子が悪く、自分とは馬が合わない人が当たることもあります。

しかしどれだけ馬が合わなくても、仕事をする以上、上司とは継続して関わっていかなければなりません。上司との関係で悩んでいる貴方に、上手く付き合っていくコツをご紹介いたしましょう。

こんな上司は嫌だあるある

仕事や責任を押し付ける

上司の中には、本来上司が行うべき仕事やその責任を部下に押し付けてくることがあります。このような嫌な上司は、多くの会社に存在しています。

また、押し付けた仕事や責任も、それを部下が無事にこなすと、その成果を自分のもののように横取りするタイプの上司がいます。このような上司には、本当に呆れてしまいますよね。

ハラスメントが多い

嫌な上司の中にはあからさまではないにしても、セクハラやパワハラなど、各種ハラスメント行為をする人がいます。身体的特徴をバカにしたり、ミスについて威圧的な態度で接せられたりなどが、その一例です。

これらのハラスメント行為には、本人にはその気や悪気が無いのかもしれません。しかし、悪気が持て無いこと自体が問題です。

対処法①上司とビジネスライクな付き合いをする

上司の相手も仕事の内だと思って処理する

嫌な上司と上手く付き合うには、それを割り切ることが大切です。ですので、嫌な上司の相手に労力を割くとしても、それも仕事の内だと思って自分の中で処理しましょう。

仕事だと割り切って考えていれば、上司に対して「こちらに合わせて欲しい」とか「良い上司になって欲しい」という期待をしなくなります。その期待が無くなる分、逆に余計なことを考えずに済むので気は楽です。

個人的な話を上司とはしない

嫌な上司とはできるだけ距離を取っておきたいですよね。そのような場合、個人的な話やプライベートの話をしないようにしましょう。

個人的な話に上司が食いつくと、その上司との関わる頻度が増えて自分の負担になります。嫌な上司とは、あくまでも仕事の会話や関わりだけというスタンスで臨むようにすると楽です。

対処法②:自分に非が無いか確認してみる

上司と馬が合わない理由について自分の原因を確認する

上司と上手くいっていない、馬が合わないと感じている場合、上司の方ばかりに非があると思ってしまいがちです。しかし、一旦立ち止まって、自分にも非が無いか確認してみましょう。

内省する機会を設けると、上司と上手くいかないのは自分の態度や行動が悪かったなどの原因が見つかることがあります。この原因が見つかるかどうかだけで、上司に対する感情も大きく変わります。

自らを律する努力をする

内省をする機会を設け、原因が自分にもあるのではないかと仮定できれば、直すべき部分を変える努力をしてください。

また、内省をしても自分に非が無いこともあるでしょう。しかし、そのような場合であっても、上司に対して感情的にならないとか、過剰な反応をしないなど自らを律する努力をするのも大切です。自分が変わるだけで、少なからず上司との関係性は改善されます。

対処法③:上司をリサーチして上手く付き合う方程式を見つける

上司の心理になって考えてみる

自分と馬が合わない上司は、なぜ馬が合わないような言動をするのでしょうか。その背景にある、上司そのものの心理を考えてみると、上司と上手く付き合うためのヒントが見つかることがあります。

”怒鳴るのは、部下に舐められたくないから”、”イライラしているのは、仕事や私生活でストレスを抱えているから”など、様々な理由や要因が仮定できます。上司の内面を考えながら接すると、「上司も大変なんだな」と思えるので、こちらが優位になった気持ちにもなれるのも良い点です。

自分なりの上司と上手く付き合うセオリーを作る

上司のタイプにもよりますが、単純な行動をする上司の場合、関わり方のコツさえ掴めば上手く付き合えるという人もいます。そのような上司ならば、自分なりに上司と上手く付き合うセオリーを作り出して、機械的な関わりをしましょう。

上手く付き合うセオリーを作るまでは、時間や労力がかかります。しかし、一度それができれば決まった行動を取るだけで概ね上手くやり過せるので、気を使う量が一気に減って楽になります

その他、仕事術に関しての記事はこちら → つい忘れてしまう人に!スケジュール管理のコツとおすすめアプリの紹介

まとめ

馬が合わない上司との関わりは、自分の考えを改めてみたり、上司との接し方を変えてみたりすることによってかなりやりやすくなります。

今回ご紹介した方法で使えるものを実践し、上司と上手く付き合っていきましょう。