「仕事辞めたい」と思ったら。少し心が軽くなる解決策

「仕事辞めたい」と思ったら。少し心が軽くなる解決策


仕事は常に順風満帆というわけには行きません。そして辛いことが多いと、「仕事を辞めたい」と思うようになってしまいます。

ですが、仕事を辞めたいと思っても、まずは一旦立ち止まってみてください。そして心を軽くしてみましょう。今回はその解決策について解説をさせていただきます。

解決法①:今の会社にどんな不満があるのかを考える

項目別に不満を分類してみる

会社を辞めたいと思っていても、それはあまりにも漠然とした感覚かもしれません。具体的に、どういった原因で辞めたいのかがはっきりしていない状態だと、勢いで辞めても後悔をするだけです。

それゆえに、会社への不満を考える上で、項目別に不満を分類してみましょう。分けるべき項目の例としては、給料に関すること、拘束時間によるもの、同僚や上司との人間関係、キャリアアップできないなどの理由などが考えられます。

同業他社の労働環境と比べてみる

会社に不満を抱いていても、それが世間一般的には普通ということも少なくありません。その客観的な評価として、同業他社の労働環境を知り、それと比べてみることも良い方法です。

自分が会社に抱いている不満が、同業他社でも起こり得るような場合は、辞めるという選択肢を選ぶのは踏みとどまりましょう。そして今の会社に順応することが賢明です。

解決法②:悩みを話せる人を作る

先輩や上司など会社の身近な人に相談する

会社を辞めたいと思っても、誰かにその悩みを相談すると、心が楽になります。そんな時に一番良い相談相手となるのが、先輩や上司です。

先輩や上司は同僚と違って、悩みを俯瞰的に見て経験則から受容がアドバイスをしてくれることが多いです。身近に話ができそうな先輩や上司が居れば、相談を持ちかけてみましょう。仕事をやめたいという気持ちが落ち着き、一旦冷静に現状を見られるようになります。

研修会や懇親会に参加して横のつながりを作る

相談ができる相手が自分の会社に居ない、そういった方も少なくありません。そのような場合は、今の仕事に関連した研修会や懇親会に参加してください。そして横のつながりを作りましょう。

別の会社の人と親しくなれば、同じ会社の人には言えない悩みも相談できます。また、横のつながりがあることで、精神的な支えができることもあります。新しい風や人脈を取り入れる点でも、研修会や懇親会に出てみることをオススメします。

解決法③:自分を見直して変わることは無いか?と考える

仕事に対するスキル不足が原因かもしれない

仕事に対して不満は、時として自分の仕事に対するスキル不足が原因である可能性があります。その場合、仕事ができないことを、会社のせいにして辞めようという考えに至るようになります。

あと数年経験を積む事で乗り越えられる壁があるかもしれませんし、研修に行くことで仕事がやりやすくなるかもしれません。それらの点を中心に、自分を見つめ直し、不足しているスキルがあれば補う努力をしましょう。

価値観や見方を変える努力をする

世の中の出来事は、価値観や物の見方を変えるだけで、その良し悪しも180度変わることがあります。ですので、仕事を辞めたいと感じていれば、考え方を変える努力をしてみるのも良いでしょう。

「今、辛いのは経験を積むためだ。」とか「他の会社に比べて今の会社は良い部分もある。」など、価値観や見方を多角的に変化させてください。こう考えれば、会社のマイナス面だと思っていた部分が、実はプラス面であったことに気づく可能性も大いに有り得ます。

解決法④:それでも辛い時は転職も視野に入れる

もう一度踏みとどまって客観性を持った転職の検討を

ここまでで紹介した、①から③の解決法を使ってもなお、今の職場で仕事をするのが辛いと感じる、そんな場合は転職を視野に入れることを検討しましょう。

ただ、転職をする場合、限りなく客観性を持ってそれを行うべきです。ですので、①から③の解決法を試した上で、もう一度踏みとどまってから、転職を考え、実行するようにしてください。

どれだけ辛くても円満な転職を心がける

仕事が嫌で転職をする場合、どうしてもヤケになって今の職場や仕事を投げやりにしがちです。しかし、それではいけません。どれだけ辛くても、円満な転職を心がけてください。

円満な転職をするには、必要以上の余裕を持って退職願を出す、今自分が請け負っている仕事をきっちりこなし、後任に十分な申し送りをするなどが挙げられます。

その他、仕事の悩みに関しての記事はこちら → ヒールが痛い!今日からできる足が痛くならない方法

まとめ

仕事を辞めたいと思っても、勢いで辞めてしまうのではなく、まずはその辛くなった心を軽くしましょう。そして冷静になった状態で、転職についてじっくりと考えれば、間違いの少ない退職や転職ができます

退職や転職は、人生を変える大きな出来事です。できる限り落ち着いて、客観的を心がけてください。